【すこやかにジャニオタ】熱愛報道をスルーしてきたわたし

近ごろ、多方面でニュースが飛び交っていますね。もともと「書こうかな〜」とのんきに構えていたところでタイムリーになっているので、書いてみようと思います。熱愛報道とのつき合い方について。

しょっぱなから引用で申し訳ないのですが、基本的にはこちらのブログに書かれている方法がいいと思います。

www.lml320.com

すごくまとまってる……!(わたしもこんな文章書きたい。)

わたしはこちらのブログで言う「アイドルとしての自担」しか見ないようにしているので、熱愛報道もそこそこスルーできています。

なのでここでは、熱愛報道にほとんど落ち込まないわたしが実際にどう思ってこれまで熱愛報道を受け流しながらジャニオタやってきたか、についてお伝えできればと思います。

ちなみに、今回の話は「いい感じにエンターテイメントとして楽しくスルーする方法」なので「こっちは本当に傷ついているのに……」とか「熱愛報道悲しくて泣いてるのに」と思っている人には向かないです。そういう場合は回れ右です! ブラウザバックです!戻るボタンかフリックして戻ってください。ここから先読んで「傷つきました!」とか「まじ意味わかんね」とか書いちゃうのはお控え願います。

あくまでテレビの人はテレビの人と割り切りたいとか、こんなに悲しまずに楽しくジャニオタしたいって方に向けています。

わたしの基本スタンス

応援するジャニタレのメディアでの活動とプライベートは別物と思っています。テレビとかメディアで元気なら、究極それでいいかなと。もちろんそのために痛み止めとか薬とかに浸かっていたり、法や契約内容を侵していたら「おいおいおい」ってなるけど、恋愛に関しては「そりゃ元気な成人男性ですからね」という感じです。お仕事やお取引先にご迷惑をかけなければいいんじゃないかなと思っています。

初めて嵐のスキャンダルを知ったとき、わたしは中学生でした。(今は29歳です。)当時の嵐は自分より年上の男性なので「そりゃアイドルだから多少はモテないとですよね」と思っていた気がします。そりゃ遊びますよね、女も寄ってきますよね、かっこいいですもんね、と中学生ながらに冷静だったな。

どうしてこれだけ冷静なのかと考えると「櫻井くん=ファンに怖い人」のイメージが強かったのかなと。当時は、ファンを殴るとかガン飛ばすとか平気で掲示板に書かれていた時代。だから「櫻井くんって現実で会うと怖そうだよな、でもテレビではかっこいい」と思っていたからなのかもしれません。だからどうにかしてお近づきに……とか全然思わなかった。どうしてそこまで思って未だに櫻井ファンなのかは自分でも謎です。

あ、あとNANAですね。中学生のときに読んだ漫画『NANA』に芸能人のスキャンダルを週刊誌さんと作り上げたり、スキャンダルをスキャンダルでもみ消すシーンがあったので「芸能界ってこんな感じなんだ」と妙に納得したのも大きいと思います。

これまでのスキャンダル、どう思ってた?

実際にスキャンダルを知ったときどう思って過ごしていたか、ちょっと具体的に書いていきます。傷口えぐるから、やめて〜〜という方は回れ右がおすすめです。(個人的に思ったことなので、「それってファンとしてどうなの?」みたいな攻撃はよしてください……!)

天国に一番近い藤堂くんの人
わたしも好きな女優さんなので「いいじゃん!」と純粋に思ってた。「わたしも大人になったら"素敵なカップル"と言われる女性になりたい!」ってティーンのわたしは思っていた。今は普通にバラエティ共演しているから、噂だったのかもしれないけど。

結婚プリクラの人
「なんでこんな人と……?」と子どもながらに思っていた。その後カレー事件とかあったけど、わたしその女優さん好きなのでいいじゃないか、と思った。

定期的な黄色い人
この人、本当に恋愛したがりなんだろうなって思ってる。恋愛においてもセルフプロデュース上手なんだろうな。程よい強引さと言葉選びのセンスが女心をくすぐるよね。ただ、選ぶ女性がごにょごにょって時はあると思うけど、そういう女性って落としやすいのかなと、もはや誰目線。

★年末に二股が発覚した人
週刊誌読んだ一番の感想が「えらいね!ちゃんと週刊誌さんに大人の対応できてるね!」でした。そりゃ男としてひどいことはしてるけど、わたしの現実世界にはなんも影響ないなと思ったので、ひとつのエンタメとして見てました。花男のときは……特に何も思わなかったな。ドラマのまんまってすごいね、って。

……なんだかんだスキャンダルもあった人たちなので、慣れと言えばそうなのかもしれない。

唯一、少し落ち込んだこと

ちょっとだけ落ち込んだのは大倉くんのスキャンダル。でも少し落ち込む方向が人とはずれています。「ああ、この人も恋愛できちゃう人なんだ」と少々落ち込みました。

その当時の大倉くんって「女なんかもういやや」って感じだと個人的には思っていたんです。説明は省きますが。世の中に恋愛体質が本当にあるのなら、わたしは「恋愛できない体質」なので、「女はいやや」って言ってた大倉くんに「一緒だ」と思っていたことがあります。それなのにね、易々とスキャンダルされるんだよ、この人は……しかも結構な頻度で。

どうしてこんなに匂わせ男子になっちゃったんだよ〜〜と落ち込んだ時期もありました。今は昔。

趣旨とは少しずれるけど、孤独を理由に仲間を作るって特にアラサー女性にとってつらい以外のなんでもない気がするのです。彼氏できたり結婚したりした途端に気まずくなります。お互い離れます。……この話はまた今度にしよう。

まとめ:メディアの中の彼は、メディアの中の人

失恋すれば傷つくのと一緒で、熱愛報道って多少なりともダメージがあるものだと思います。方向性はどうであれ、多少の衝撃はつきものです。

少し残酷な言い方にはなりますが、彼らは結局「テレビの中の人」なんです。

そりゃもちろん、彼らに現実として近づくこともできます。そう願うならそれに沿った行動もできる。とはいえ、一般ファンならばタレントを「テレビの中の人」と割り切ってしまうのも、健やかなジャニオタ生活には必要かもしれません。熱愛報道さえエンターテイメントなんです。彼らにとってショーマストゴーオンなのと一緒です。

ジャニーズに現実逃避するより、現実を楽しむエッセンスとしてジャニーズを取り入れられたら、そんなに溺れず現実世界を渡っていけると思います。すこやかに現実をちょっと軽くするためのエンターテイメントなんです。とわたしは思っています。*1

健やかな現実世界withジャニーズが送れますように……!

*1:もちろん結婚とかになったら心から祝福したいです。なのでジャニタレのみなさん、せめて女を見る目はもっていてもらえると本当に助かります。なんつって。

囚われた気持ちの解き方が、わからないままだけど

この前、雨が降った。ふと『雨のmelody』を口ずさんだあの日から、わたしにまた囚われの毎日が訪れる。

そんな毎日を、ここでは「KAT-TUNどうして期」と、でも呼ぼうか。
どうして3人になってしまったんだろう、とひとり考えを巡らせる、そんな期間。たまにそんな時間がやってくるのだ。

今回のこれが訪れたきっかけは、雨の日のあの歌。たまたま検索して出てきた動画で、KAT-TUNが踊っていたのだ。4人で。

あらかじめ伝えておくと、わたしはここで「信じた君がついた嘘*1」についてとか、そういうことを書こうとしているわけじゃない。考えているのは、まあ確かにそういうことだけど、そんなの当人たちだけがわかっていればいい。明確な理由が見えないんだし、わたしの中で答えなんかきっと出ないんだろう。だから今日ここで言いたいのはそういうことじゃない。気持ちは適切な時に、適切に処理しておかないと、思いっきり引きずるっていう話だ。

話を戻すと、踊っていたKAT-TUNが4人だったことをきっかけに「どうしてだよ〜〜〜」と今さらぐるぐると答えの出ない問いの渦に引き込まれている。わたしは「ハイフンです」と表立っては言えないけど、お茶の間からはそこそこ応援していたし、Y&Jにも入っていたからそこそこコンサートにもお邪魔している。だからなんだって話だけど、そこそこ思い入れがあるのだ。でも、その「そこそこ」という程度が実に厄介なもので、「そこそこ」だから、大声で「どうして」と言うこともできずに、胸にこっそりしまっていた。だから、時折「どうして」が暴れだす。

イメージとしては、味噌の仕込みだろうか。ちゃんと適切に処理を行っていればそのうちおいしい味噌になるのに、「そこそこ」の処理をしていたことで味噌の発酵がうまくされなかった。そんな感じ。さらに厄介なもので、それは5人になるときにも4人になるときも3人になるときも、同じように放って「そこそこの処理」を継ぎ足していたので、どう対処したら味噌になるのか自分でもわからない。実に厄介。

(単にわたしが引きづりやすい性格なせいもあるけど。)

そんな日を何日か過ごしていて、ようやく気づいた。悲しいときは「悲しい」って思い切り落ち込んでいいんじゃないかと。どこかで思いっきり悲しめばよかった。世間体とか気にしてかっこつけた末に自分の中で苦しむなら、悲しいときはちゃんと悲しいって、見て見ぬ振りはしないで悲しめばよかった。ぐるぐるの渦の中で、そんなことを思っています。*2

だから失恋したときもちゃんと悲しんで立ち直るって大事なんだろうな。そして思いを昇華して、次の恋を始める。そんな歌があったな。「何気ない日々のこと、笑ってまた話せるように」って。*3 ちょっと違うか。

4人の姿は、こころにしまっておくことにしよう。モノや形にできない姿で。*4


こういうのがよくないんだろうな、引きずるパターンのやつ。

とはいえ正直言うと、一番の昇華方法は3人で元気にかっこいい新曲を歌っているのを見て「ああ大丈夫だ」って思えることなんだろうな。自分の気持ちの整理をしつつ、3人の帰りを、田口くんの活躍を待つことにします。

 

※10ksを見に行ったときの感想は以下です。(オブラートに包みまくってる感ある。)

jasmine-cd.hatenablog.com

 

*1:『ハルカナ約束』より。

*2:もちろん最低限の配慮はいると思うけど、その範疇でっていう話です。

*3:『春夏秋冬』です。KAT-TUN

*4:雨のmelody』の歌詞を少しもじりました。

【すこやかにジャニオタ】わたしはこうオタをカムフラージュしました

先日「ジャニオタを隠したい……」という呟きをいくつか見つけました。

わかる、すっごくわかる。わたしも15歳で嵐を好きになってから、29になった今でも基本的にジャニオタであることは隠しているから。なんで? と言われると……思春期ゆえでもあったし、スクールカーストとか、男子にばれたらひかれちゃうみたいなのもあったし、自分の顔面偏差値に対して理想が高すぎって思われたくないとか、もはやデフォルト隠すだから公に言う方法を知らないとか、理由はぽんぽん出てくるわけです。

そりゃね「あんな口パクの人たちの何がいいわけ?」とか「へえ、理想が高いんだね(棒読み)」とか10代のころに言われたら、多少はその後の人生に影響ありますよ、うん。*1ジャニオタってカテゴライズされるだけでやけに叩かれることもあるものです。

ということで、今回は特に親しくない人に対して「ジャニオタ隠したい」という方にわたしの経験が少しでも役立ったらと思ってエントリを上げます。

カムフラ方法:ジャニーズ以外にも詳しくなる

わたしが推したい一番の方法はこちら。特に若い方やドラマ、映画が好きな方におすすめです。木を隠すなら森です。

要はジャニタレが出ていないエンタメにも詳しくなること。そうすると「ああエンタメが好きなんだな」と思われます。

好きなジャニタレが出ているドラマを見ると、ほかにもキャラクターがいるものです。その人たちが出ている全然ジャニタレが出ない別のドラマも見てみる。好きなジャニタレが好きという作品や仲がいいと話している人の作品も見てみる。そんなふうに広めていって、どんなドラマの話にも大抵ついていけるようになると「ジャニーズが好きな人」ではなく「ドラマが好きな人」と周りはカテゴライズします。音楽でも一緒。

『愛を叫べ』も踊れて、恋ダンスもできて『君はメロディ』も『チョコレイト・ディスコ』もランニングマンも踊れれば、振り覚えるのが上手なんだね、で済みます。

ジュニアが好きでも、ジャニーズ以外の10代の俳優さんに詳しかったり、40代50代のクールな俳優さんの作品も見ていたりすると「俳優さん詳しいんだね」で済みます。

そんな感じです。

ドラマ全般とか邦楽全般に詳しい人になってしまえば、いい感じにジャニオタであることがぼやかされます。(もちろんジャニーズについて触れても「詳しいね」で片付きます。)

話を振られたら……

わたしは特に親しくない同僚にジャニーズの話を振られても、前のめりに返すことは避けていました。嵐が初めて紅白司会っていう年末に「紅白なんてオワコンじゃん」と会社の男性陣がすぐ横で笑って話していたときもありましたが、触らぬ神にたたりなしです。華麗にスルーしていました。

外野の言葉はシカトするに限ります。*2

「好きな芸能人いる?」の質問にまじめに答えない

「どんな顔が好み?」とか聞かれるシーンもたくさんありました。大学のサークルとかバイト先とか会社の飲み会とか。これも木を隠すなら森。

聞いてくる相手によると思いますが、わたしは年齢上の人を挙げまくっていました。西島さん*3とか蔵之介さんとかもっくんとか竹野内さんとか。芸人さんだと、劇団ひとりさんや原田泰造さんって答えると周りの反応がよかったです。

聞いてきた相手がスポーツ好きってわかってるなら、サッカー選手や野球選手を答えることで話をスポーツ自体に持って行く、ということもしていました。

変に嘘つくのもよくないので普通にジャニーズ以外の好きな芸能人答えればいいだけなのですが、まじめに「ジャニーズの名前言っても大丈夫かな」とか考えちゃうんですよね……。

ちなみに

推し色は一般の人にあまり浸透していないイメージなので、あまり不審がられません。わたしは櫻井くんが好きなので、赤い持ち物ばかりが増えたことがありましたが「赤が好きなんだろうな」とかで済みました。

ときに好きなジャニタレのイニシャルアクセサリーをつけたくなることもあると思います。イニシャルのアクセサリーは、ネックレスやピアスあたりをつけると「彼氏?」とわざわざ聞いてくる人がいるので、ごまかせる自信がない場合は聞かれそうな場所につけていくことは避けた方がいいとわたしは思います。(ここだけ推測の話になっててごめんなさい。)

まとめ

今日はジャニオタをカムフラージュする方法について書きました。そんなんもうやってるよ! という方には情報不足でごめんなさいです。

本当なら、大声で「好き!」って言いたいけど、そうできないこともありますよね。それによって面倒が起こるなら、避けていきたいし。とは言いつつ、大人になれば「ジャニーズ好き」を受け入れてもらえるシーンが増えたから、それはよかったと心底思います。最悪バレても「そうなんだ〜」で終わることもあります。大人になってよかった。

健やかな現実世界withジャニーズが送れますように……!

*1:言い返せなかったんですよ、10代のわたし。それに言い返す気にもならなかった。そこでいざこざしたくなかったし、そんなふうに頭ごなしに否定する人はわかってもらえないんだろうなと思っていたんだよなー。

*2:嵐『Attack it!』より歌詞を引用しました。

*3:西島さんがまだこんなに出てないころに「西島さんが好き」というと「あすなろね」と年上の男性上司はわかってもらえたけど、もうこの技は使えないな。西島さん好きだけど。

Spotifyを導入してみました。

前回こんなブログを書きました。

jasmine-cd.hatenablog.com

ジャニーズと音楽配信サービスについて書いてみたのですが、そういえばわたしどのサービスも使ったことなかったなーと。そういえばSpotifyが日本上陸時に招待コードだけ発行して、そのままだったの思い出して使ってみました。今日はその感想を書いていきたいと思います。

知らない曲に出会える

まずはここです。

最近流行っている曲を無造作に取り入れられます。普段自分が好きで入れた曲ばかりをiPodで聞いているわたしにはおもしろい発見がたくさんです。

「人は17歳のときに聞いた曲を聞き続ける」

そんなフレーズがSpoifyの広告として時折はさまってくるのですが、まさにです。ずっと聞き親しんだ曲やアーティストばかり聞いていたので、知らない音楽と出会えるのが楽しいです。

知らない曲ではないけど聞き覚えのありそうな「90年代の洋楽」のチャンネルを聞くと、小学生のときに全然意味もわからず完全耳コピしていた曲が聞けてとっても懐かしい*1。そういう出会いもうれしい。

気分に合わせた曲を勝手に流してくれる。

気分に合わせて曲をチョイスしてくれるのでムードに合った曲が自然と流れてくるのはとっても便利です。そのときに新しい音楽にも出会えるし。作業時に使うと便利だなと思います。

スマホからだと絶対シャッフルなのが困る。

無料会員はアプリを使うと必ず曲順がシャッフルされるので、「この曲聞きたい」とか指定ができません。スタートの曲すら運任せ。しかも「あー、これ気分じゃないや」ってときもスキップできないのがすごいめんどくさいです*2。そもそもSpotifyの思想が「新しい音楽と出会う」とか「音楽をシェアする」ことなので、わたしの使い方がSpotifyにマッチしていないだけなのですが……。

聞けるアーティストが限られている。

聞きたいアーティストが、よくいません。ジャニーズはもちろん、くるり星野源さんもAKBもRADWIMPS*3も聞きたいときに聞きたい曲がspotifyでは聞けないジレンマーーー!

大人の事情がいろいろあるのはわかりますが、やっぱり好きな曲を聞くなら自分好みの音楽がそろってるiPodがいいのかなと感じてしまいました。

まとめ:新しい音楽と出会うためのサービス

自分が普段聞かない楽曲との出会いに長けているサービスだと感じました。これからはお掃除や作業系の仕事のときにBGMとして使っていこうと思います。聞きたい曲があるときは自分のiPodで楽しむ、と使い分けしていけば一層音楽の世界が広がる予感です。

無料で楽しめるので、自分のiPodに飽きちゃったなという方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

……と言いつつ、わたしはSpotifyでドラマ『カルテット』のエンディングソング『おとなの掟』だけをお気に入り登録して、この1曲ばかり聞いています。(使い方が違うよね、自覚してます〜〜!)

Apple Musicとかはまた違うのかな。試してみようかな。

以上、割と邦楽全般好きなジャニオタがお伝えしましたー!

*1:余談ですが、昔どこかでさまぁ〜ずさんがやってた小学生の耳コピのネタ好きだな。もう一回見たい。

*2:有料会員になったり、パソコンから使うときは曲を指定して再生もスキップもできます。

*3:アルバム1枚登録あるのですが、『前前前世』とかも聞きたいんです。

ジャニーズと音楽配信を考えてみた

2016年に「もしジャニーズが音楽配信をはじめたら」というアンケートをお願いしていました。気づけばあれから2カ月以上の時間が経っていました。今さらながらアンケート結果を元に思ったことを書いておこうと思います。

ご協力いただいたみなさま、今さらの結果考察になってすみません。。そしてアンケートへのご協力ありがとうございました。

アンケートを作った経緯

そもそもどうしてこのアンケートを作ろうと思ったかについて。
それは『ヒットの崩壊 (講談社現代新書)』という新書がきっかけです。J-POPが好きなわたしにとっては興味がある新書だったので発売記念のイベントにもお邪魔しました。イベントの半分の時間は「2016年は音楽配信サービスの夜明け」としてSpotifyをはじめとする音楽配信サービスに当てていました。(なお、著者の柴さんはジャニーズに偏見はない様子です。ジャニーズもAKBもフラットに見ている印象を受けました。)

わたしは基本ジャニオタなので、このイベント当初は音楽配信サービスを全然使っていませんでした。周りの人はApple MusicもGoogle Play MusicもLINE MUSICもAWAも使っているので「まだCDから音楽入れてるの?」と聞かれることもしばしば。そりゃね、ジャニーズの音楽を手に入れるにはCDしかないんですよ、と。

するとスマートニュースの編集長、松浦さんがイベント中につぶやきます。

仕方ないじゃないか、だってジャニーズはCDでしか音楽を手に入れられないんだから。会場にいるどのくらいがジャニオタだったかは知らないけど、CDでしか手に入らない音楽があるってわかってくれよ松浦さん! と言いたい気持ちでした。

そもそも、ジャニオタの人はコレクション意識が強いので音楽配信にジャニーズが参入してもCDはきっと買うんじゃないか。
だったら別に音楽配信サービスしなくていいのでは、と事務所も考えてるんじゃないか。

そんな疑問を感じ、アンケートを作ってみた次第です。

アンケートの結果:半数はCDのみ

回答受付期間:2016年11月16日から5日間

54%がCD購入のみ、という結果に。
「どちらも買う」を合わせると9割の人がCDを買うとの回答に。*1

わたし個人の感想としては予想通りでした。やっぱりジャニオタはモノを持っていることにも喜びを感じるんだろうなー、と予測。こんな状況でジャニーズが音楽配信サービスに乗り出しても、再生数とかでランキング上位が取れるとは限らない。だったらまだ乗り込むのはやめよう。そんなふうに事務所は思ってるんじゃないかな、って。

CDだけだと一般層に楽曲が届きにくいのかも

そんなときに読んだ記事がこちら。

s-ringo77.hatenablog.com

ざっくりまとめると「ジャニーズにもいい曲ある!だからこそ雑食音楽ファンが多い音楽配信サービスに入っていってほしい。そして彼らの音楽の良さを知る人が増えてほしい」という内容でした。(詳しくはぜひクリックして読んでください。)

ああ、たしかにそうだなあ。
そんなふうに思いました。『ヒットの崩壊』でも嵐の曲は毎年CD売上ランキング上位にはいるけど、カラオケで全然歌われていないという趣旨の記述があります。これってまさに「CDを(複数枚)買うファンがたくさんいる」というだけで、一般層にまで楽曲が浸透していない状況なのではと思いました。つまり、内輪で盛り上がっているだけ。

これでは「は? ジャニーズ? 興味ないっすね*2」って人たちに「ならアイドルがどれほどかみせてやるよ*3」ってできるシーンを自ら減らしているんじゃないかなー、と。いや、ここまで挑発的でなくても。ファンじゃない人に「あ、知ってる。いい曲だよねー」って思ってもらう機会を増やす意味でも、実は音楽配信サービスって有効かも、と感じました。

特に関ジャニ∞は『関ジャム』という番組で音楽のプロの話をたくさん聞いているし、本人たちも音楽への関心や向上心が非常に高い、加えてファンも音楽好きが多そうなので音楽配信サービスとかで流れる仕組みに乗り出してもよさそうなのにな、と勝手に思っています。

これはさらに個人的感覚ですが、音楽ファンでフェスとかたくさん行く人に「関ジャニ∞ってジャニーズなのにかっこいいんだね」って言われたことあってすごいテンション上がったことあります。うれしい。そんなことが今後増えたらいいな。*4

まとめ

先日、次のSMAPは誰だという議論に対してのブログを書きました。いま思うのは、SMAPが大きくなったのもテレビというメディアと上手につきあった結果なのかなと。SMAPが伸びる時期はCDが売れる時代で、ドラマとのタイアップが非常に有効で、それゆえSMAPの音楽にも触れる人が多かった。

音楽という側面で"国民的"になるには、既存ファンのコレクション意識に加えて、一般層へのリーチを意識することが必要不可欠。エバンジェリストとしての既存ファンはもちろん大事だし事務所の方針とかもあるとは思うけど、応援するジャニタレやその楽曲が一般層にもどんどん認識されるとうれしいです。それが音楽配信かもしれないし、違う何かかもしれない。

がんばれジャニーズ。

*1:回答数が39なのは、わたしのツイッターが大衆向けじゃないからです。もう少し増やせるようになりたい。そして若年層の表は少ないと思います。

*2:2005年ごろの櫻井くんソロ『Anti-Anti』の冒頭で、そんな台詞がありました。冷静に突っ込むなら、そんな叫びをファンの前でしか披露できない状況ってのもどうかと思う。まずはファンの前でと思う気持ちもわかるけど翔さんにキラキラアイドル求めてる人には酷な曲だったなと。そんなパブリックイメージ願い下げってくらいの反抗期だったので仕方ない。若さ故。

*3:同上です。

*4:「ジャニーズなのに」って枕詞もなくなる世の中になればいいな。